ゴールドマンサックス元副社長のヘンリー・ヒデオ・ウエノ氏が、GIVE NEXTプロジェクトと呼ばれる商材で、仮想通貨の新投資メソッドを公開しています。

ゴールドマンサックスとはアメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式債券通貨不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。

Wikipediaからの転載
 今回の仮想通貨の手法は過去の仮想通貨案件でも多用されている仮想通貨の「アービトラージ」と呼ばれる手法です。
その「GIVE NEXTプロジェクト」を公開してオファーを出している人物 ヘンリー・ヒデオ・ウエノ氏の画像です。
でも・・・ ヘンリー・ヒデオ・ウエノ氏のウラが取れません・・・怪しい!!

アービトラージという手法は理論上は負けない手法と云われています。
簡単言うと、それぞれの取引所ごとの価格差を利用して利益を出すというものです。

例えば、日本の取引所で今1BTC(ビットコイン)が50万円で売られていて、
ヨーロッパの取引所では51万円で売られていたとします。
そうすると、
日本の取引所で1BTCを購入して、ヨーロッパの取引所で1BTCを売ると
1万円の利益が出ます。(売買はインターネット上で可能です。)
これがアービトラージです。


■販売名■
GIVE NEXTプロジェクト

■ノウハウ提供者・販売者■
ヘンリー・ヒデオ・ウエノ■ 販売会社 ■
株式会社 WORLD INVESTMENT SYSTEMS
■所在地■
東京都中央区日本橋2-2-3 RISHEビル UCF4F
■販売サイト■
http://give-next.net/pj/treasure/
■ 価格 ■
無料オファー


この「GIVE NEXTプロジェクト」と云う商材は、チーム鬼神(メデア.com)と呼ばれるグループが関わっていますが

このチーム鬼神が関わる案件は要注意です。
理由としは、これまでにリリースされた情報商材ですが・・・

ドバイ大富豪の教え
割引ビジネス
JRA倶楽部
次世代型放置アフィリSYSTEM
観るだけで稼げる映画
  という具合で、どれも悪評です。
  また、チーム鬼神から独立した野呂田直樹氏に至ってはこの他にも

アンサーズ.com
3秒長者プロジェクト
ファストパス年金システム
カタログビジネス
ビスケット貯金
iPhone修理ビジネス
   といった商材をリリースしていて、かなり悪質な内容でした。

てな具合で、他にも悪さは数知れずで上げたらキリがありません。

また、GIVE NEXTプロジェクトと云われ仮想通貨の新投資メソッドと呼ばれているアービトラージ手法ですが・・・実はいたって当り前の極々普通の手法で、大きな利益を出すためにはハンパない大金が必要です。

なお、今回の案件は上記にもありますが、チーム鬼神が携わっているので、本当に要注意です。

 

 

日々、ブログを更新しますが・・他の方法で情報商材の評価ブログなどを利用してお金を稼ぐのは自由です。が・・ネットビジネス初心者の方々やアフェリエイトの素人さんへ妙な期待や希望を煽って、自らを正当化するのはエセ情報商材の販売者と同じです。
また、エセ商材を断罪する姿勢で特定の情報商材を一方的に推薦し、購入を促すのも詐欺師的販売者と変りません。アフェリエイトブロガーはもはや、職業に成り 一つの業界が出来上がっています。
インターネットは自由である以上、モラルやルールを守らないと無法地帯と化してしまいます。そして、Webを利用しても簡単にはお金は稼げまん