いや~!!・・凄まじく評判が悪いです。
昨日、取上げた商材の推薦 兼 ノウハウ提供者の小野里肇氏?・・いや、小野里はじめ 氏?・・どっちでもいーけど。この人は元々は・・与沢翼氏と、ヒル族として土屋博嗣氏ともつながっています。

圧倒的な即金性とシンプル性において
他の追随をゆるさない完全無欠の最新手法!

と、オファーレターで謳っているのは、小野里肇(はじめ)氏です。


ハッキリ云って能書きは立派で云いたい放題ですが、このオファーレターには「特定商取引法に基づく表記」がありません。この時点で「怪しい販売者!」として評価します。

 

オファーレターページの末尾にあるCopyrightでは、「株式会社Z-style japan」という会社名なのですが、検索しも、どこにある会社なのか、何もわかりません。

ただ、「転売」関連のエセ商材を販売して・・・色々な評価ブログの【ネタ】を提供しているようです。

 

それと、小野里肇氏は・・土屋ひろし氏の「土屋塾」の出身者で、弟子という 位置づけです。
また、与沢翼氏ヒル族として つるんでいました。


■販売名■
バーチャル転売ビジネス
■ノウハウ提供者・販売者■
小野里肇(はじめ)
■ 販売会社 ■
前までは株式会社OverDimensionでしたが、「特定商取引法に基づく表記」がないので不明
■販売責任者■
小野里 肇(多分)
■販売サイト■
http://virtualsale.jp/lp/virtual/
■ 価格 ■
これは、無料オファーようだけど、前は¥298.000でした。


このオファーの前は

でしたが、今は


このように、画像が出現しました。

 

商材のオファーレターではスマホやパソコン1台あれば最先端手法の「転売ビジネス」とありますし、「パソコン、スマホ1台で10分の作業をするだけ」とネットビジネスの初心者を煽っています。

しかしながら登録後に送られてくる動画の第1話では、「転売」以外は、ビジネスモデルについて詳しく話されていません。

更に

#:ゴッドハンドツール
#:インフィニティテンプレート
#:ダイアモンドルート

という「三つの武器」と称するモノを挙げています。

 

また、カメラ転売氏の個人ブログでは・・・

「自己紹介」
 現在44歳。
 カメラ転売で年商9000万、月収200万を稼ぐ。

 2011年からカメラ転売を始め、ヤフオク、アマゾン、
 イーベイで4000個を販売。

サラリーマン生活を17年経験するも、40歳であえなくリストラに遭う。

 その後、チャレンジしたアフィリエイトでも結果を出せずに2年間無収入の状態が続いていました。

そんな時に出会ったのがカメラ転売でした。
ということですから、小野里肇氏、個人のビジネスモデルは、「カメラ転売」に間違いありません。

 

今回のオファーサイトのセールスレターでの自己紹介は、

「40歳でリストラされ、ホームレスになりかけて、
 やっとの想いで見つけたのが私が今稼ぎ続けている
 このバーチャル転売なんです。」

とありますが、カメラ転売で儲けていた筈です?
また、他の商材のオファーでは「師匠というべき人との出会いから稼ぎ方を学び、色々と独自のアレンジを加え、現在の稼ぎ方まで進化させた」そうです。

 

まぁ~、商材にサクセスストーリーは付きモノですが・・こんな綻びが出るようでは虚言壁が有るのでしょうか?

 

お金が好きなのは誰でも一緒ですが、これでは犯罪に成ってしまいます。
ですので、彼には近づかないことが「彼」や自分を守る一番の手段です。
よって、小野里肇氏が絡む商材はオススメ出来ません。

 

 

情報商材の評価ブログなどを利用してお金を稼ぐのは自由です。が・・ネットビジネス初心者の方々やアフェリエイトの素人さんへ妙な期待や希望を煽って、自らを正当化するのはエセ情報商材の販売者と同じです。
また、エセ商材を断罪する姿勢で特定の情報商材を一方的に推薦し、購入を促すのも詐欺師的販売者と変りません。在宅ワーカーやアフェリエイター・ブロガーはもはや、職業に成り 一つの業界が出来上がっています。
インターネットは自由である以上、モラルやルールを守らないと無法地帯と化してしまいます。そして、Webを利用しても簡単にはお金は稼げまん