ICOとは

ICOは先日から書いていますが、イニシャル・コイン・オファアリングのことです。

株式でいうIPO(新規公開株)です。

IPOというのは、市喝から資金調達るために未上場の企業が新規に株式を証券取引所に上退するこ とを意味していよす。

 

ICOとは IPOの仮想通貨版です。

つまり、IPO→企画に投資する場合⇒株式

 

ICO→企画に投資する喝合⇒トークン

ということです。

ICOでは市場に公開される前ににプレセール(クラウドセールとも云う)が行われます。

但し、ICOにもリスクがあり、公開されるまではトークンを一般で売買できないのです 。

つまリ、安く買える反面上場するかどうかはわからないので、ただのデータになる可能性もあるわけです。

世間では、ICOへの投資が危険との見方があるのも事実です。

ですが、破格の金額で購入できるので、上場後に価格が上がると利益も大きいです。

ICOの資金調達の流れ

:ブロックチェーン技術の開発案

:トークン配布プレセール

:開発

:開発状況に合わせて価格が上昇

:取引所上場で他の仮想通貨とのトレードが可能になる。

:上場後、更なる上昇の可能性あり

TGEとは

TGEとはトークン生成イベントのことです。

仮想通貨の開発者は、仮想通貨の開発案を暗号通貨投資家にアナウンス(訴求)する必要があります。

それが「ホワイトペーパー」と云われるモノです。

 

「ホワイトペーパー」には企画の理念や技術、特徴、プロジェクトの概要などが書かれてあります。・・っま、会社で云う稟議書みたいなモノです。

で、「ホワイトペーパー」はブロックチェーン技術の開発案の段階で作成されます。

 

ブロックチェーン技術の開発案で、投資会社が審査します。
有望な仮想通貨について、資金調達の場を作ります。

・・それが、トークン生成イベント(TGE)と呼ばれるものです。・・

 

TGEを行うことのメリットは有能な投資家から資金調達をして開発を進める為です。
そして
開発により生成されたトークンを・・その投資家に割当てます。

 

 

つまり、TGEが行われた仮想通貨は・・ICOされた仮想通貨の中でも価値が付く可能性が高いワケです。(投資案件としての信頼性がグンと上がる

開発者の信頼性や技術の高さを判断できない方々にとっては「頼りになる」指標になります。

 

 

情報商材の評価ブログなどを利用してお金を稼ぐのは自由です。が・・ネットビジネス初心者の方々やアフェリエイトの素人さんへ妙な期待や希望を煽って、自らを正当化するのはエセ情報商材の販売者と同じです。
また、エセ商材を断罪する姿勢で特定の情報商材を一方的に推薦し、購入を促すのも詐欺師的販売者と変りません。在宅ワーカーやアフェリエイター・ブロガーはもはや、職業に成り 一つの業界が出来上がっています。
インターネットは自由である以上、モラルやルールを守らないと無法地帯と化してしまいます。そして、Webを利用しても簡単にはお金は稼げまん