仮想通貨で6千万円ほど稼いだ管理者の私が云える!今から買いたいアルトコインベスト3

但し6千万円の内、税金で約、半分程消えて無くなりました。

てなワケで今はアルトコインはほったらかしです。地道にアフェリエイトやリアルビジネスで稼いだ方が「ガックリ感」が無く、お金を稼ぐヨロコビ―があります。
在宅ワークで不労所得を目指す私や読者の方々には色々な情報を公開します。

 

先ずは、モネロコインです。
2014年4月18日に一般公開されましたた。CryptoNoteプロトコルに基づいて、オープンソースのProof of Workを使用して開発された仮想通貨です。

モネロコインは匿名性に特化した仮想通貨として知られています。
その匿名性から、ブラック(アンダー)マーケットでの需要が伸びており、価値の上昇が見込まれています。

しかし、匿名性の高い仮想通貨は、犯罪に利用されるケースが考慮され、今後は万が一規制が起こった場合、価値が暴落する可能性もあるため、要注意です。


公式サイトhttps://getmonero.org/home


 

 

ネムコインは、2014年1月19日、bitcointalk.orgによって開催されたフォーラの中でutopianfuture(ユートピアン フューチャー)というハンドルネーム(アカウント名)の人物によって企画され、2015年3月31日に公開された仮想通貨のプロジェクトです。


公式サイトhttps://www.nem.io/


 

 

リップルコインは、Ripple Inc.によって開発が行われてた、分散型大腸技術を利用した決済システムネットワークです。
2004年にカナダのウェブ開発者である Ryan Fugger氏 により開発が開始されました。

このリップルコインは、外国為替や送金を劇的に早くし、しかも安く行うことが目的の一つで設計されたと云われており、ビットコインでは10分から数十分程度はかかっていた決済時間を数秒で行うことが可能です。

非中央集権型のビットコインやイーサリアムと異なり、Ripple Inc.が積極的にマーケティングを行い、世界有数の大銀行や台企業との提携を次々と発表していることでも注目を集めたアルトコインです。


公式サイトhttps://ripple.com/

 

 

情報商材の評価ブログなどを利用してお金を稼ぐのは自由です。が・・ネットビジネス初心者の方々やアフェリエイトの素人さんへ妙な期待や希望を煽って、自らを正当化するのはエセ情報商材の販売者と同じです。
また、エセ商材を断罪する姿勢で特定の情報商材を一方的に推薦し、購入を促すのも詐欺師的販売者と変りません。在宅ワーカーやアフェリエイター・ブロガーはもはや、職業に成り 一つの業界が出来上がっています。
インターネットは自由である以上、モラルやルールを守らないと無法地帯と化してしまいます。そして、Webを利用しても簡単にはお金は稼げまん